歯は「健康の源(みなもと)」

>

治療方法の選択

矯正治療が必要な状態

矯正治療が必要になるのは、歯並びが次のような状態の時です。

歯の生え方がデコボコ・ガタガタで不揃いな状態。
ハミガキが十分にできないことから、歯や歯茎のトラブルの原因になります。

出っ歯は、横から見たときに目立ちやすいですが、上の前歯が前方に出ている状態で、くちびるが閉じにくいこともあります。

普通のかみ合わせは上の歯が下の歯にかぶさる状態ですが、受け口(反対咬合)は、咬み合せた時に、下の歯が上の歯より前に出ている状態です。
食べ物を前歯で噛み切れないことがあります。

開咬といって、奥歯を咬んでも上下の前歯が合わない状態もあります。
前歯で食べ物を噛み切れないことや、発音が不明瞭になったり、口呼吸や舌を前に出すクセが多く見られます。

矯正治療の期間と費用

治療装置をはずすまでの期間だけでも、個人差はありますが、1年半~2年半ほどかかります。

治療前には、初診料のほかに、カウンセリング・検査・治療方針の説明などで10万円ほどかかると思っていてください。
治療にかかる費用は、表側に出る矯正装置の基本料で65~100万円です。
治療中の調整などの処置料は、たいていの場合、その都度1万円以内の見込みです。
ただし、治療後(装置をはずす)を含めたメンテナンスや定期検査の費用は、「総額制」といって基本料に含まれている場合と、その都度払う「処置料別払い制」があります。
総額制では、定期検査期間が短かったり、メンテナンスの必要がなかったとしても、返金はありません。
処置料別払い制では、メンテナンスが長引いた時には総支出が増えてしまいます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る